温泉美人になろう!美容にいい温泉とは

>

デトックスが期待できる温泉

別名「シミ抜きの湯」・「美肌の湯」

温泉といえば、乳白色のお湯、卵のような独特な匂いで有名な「硫黄泉」を真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
硫黄泉は古来より万病に効くと言われています。
中でもメラニンを分解する嬉しい作用があり、別名「シミ抜きの湯」とも呼ばれているそうです。
硫黄泉が空気に触れると「湯の花」と呼ばれる沈殿物ができ、これは入浴剤として販売されることもあり、その効果の高さがうかがえます。
なお、硫黄泉は金属を黒く酸化させることがあり、アクセサリーを外して入浴する必要があるので注意しましょう。

また、「美肌の湯」として有名なのが「炭酸水素塩泉」です。
古い角質をやわらかくして肌の汚れを落とし、すべすべにしてくれます。
天然の石鹸のような作用があるため、入浴後には保湿をしっかりしましょう。

しゅわしゅわの「二酸化炭素泉」

炭酸ガスが溶け込んだ二酸化炭素泉は、炭酸のきめ細かい泡が肌を包む、変わった温泉です。
炭酸が出て行ってしまわないよう、温度が低めなのも特徴です。
この炭酸ガスには血管を拡張する働きがあり、血の巡りをよくしてくれます。
血の巡りがよくなることによって、温度が低くても身体が温まります。

また、リンパの流れもよくなるため、むくみの解消や老廃物の排出効果が期待できます。
身体の循環を改善させる作用が強く、毛穴から浸透した炭酸は皮膚の血流を3倍にさせるという話もあります。

飲用すると、食欲不振や便秘に効果があると言われています。

爽快感の強い不思議な温泉ですが、日本には元々あまりない泉質だそうです。
最近では「炭酸泉」として、人工的に炭酸ガスを溶け込ませているところも多くあるようです。


この記事をシェアする